> Congress > Congress Venue

会場

COEXコンベンションセンター

COEXは、毎年200件以上の国際展示会及び3,500件以上の国際会議、セミナー、レセプションが開催される世界10大コンベンションセンターのひとつとして、名実共に韓国の国際ビジネス活動の中心地です。2000年の第三回アジア欧州会合(ASEM)に続き、2001年には世界貿易センター総会の開催に成功、2002年にはFIFAワールドカップ国際メディアセンター(IMC)の運営に成功し、2010年11月のG20ソウルサミットの会場に選ばれるなど、世界的なコンベンションセンターとしてのプレゼンスを固めつつあります。
COEXは、コンベンションセンターの他にトレードタワー、ASEMタワー、3つの高級ホテル、韓国シティエアターミナル、ショッピングモール、ミュージカルシアター、映画館、アクアリウム、カジノなどの複合経済・文化施設が一つ屋根の下に集まった最先端のマルチ・コンプレックス・スペースでもあります。COEXは、最高の施設とサービスで、参加者の皆様に特別な楽しさと思い出を確かにお届けすることをお約束いたします。

東大門デザインプラザ

公共機関で初めて国際指名招待設計競技方式を通じて設計作品を選定したことで話題となった東大門デザインプラザ(DDP)。 DDPの建築設計は、イラク出身でイギリスで活動する世界的な女性建築家ザハ・ハディドが担当しました。ザハ・ハディドは、早朝から夜中まで休みなく変化しながら動く東大門のダイナミックさに注目しました。

これを通じて、DDPが位置する東大門近辺の地域の歴史、文化、社会、経済的文脈はもちろん、DDPを通じて東大門に新しい意味付けができる「換喩の風景」を提案しました。まるで液体の流れを連想させる「換喩の風景」のコンセプトに基づくDDPのフォルムには、空間的柔軟性はもちろん、韓国的伝統と絶えず変貌するデザインの未来がどちらも盛り込まれています。